×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬の関節炎(腰痛・関節症)は進行性の病気なので、放置すれば症状はどんどん悪化していきます。また、ゆっくりと悪化するため、飼い主が愛犬の関節炎に気づく頃には症状がかなり進行していることがあります。

犬の関節炎(腰痛・関節症)早期発見・早期治療がきわめて重要です。疑わしい歩行の異変・しぐさがみられる場合は、早めに動物病院に診てもらいましょう。

犬の関節炎(腰痛・関節症)は早期発見が重要

犬の関節炎(腰痛・関節症)

 

犬の骨関節炎の症状

 

足を引きずる、腰を振って歩くなど。気づかずに重症化することも多い

 

犬の骨関節炎(変形性関節症)は、股関節、肘(ひじ)、膝(ひざ)、肩などのさまざまな部位に発生し、慢性的な痛みをともないます。発症してすぐの頃は軽い痛みがある程度ですが、しだいに散歩などの運動時に以前より疲れやすくなり、階段を嫌がるようになります。そのほかにも足を痛がる、足を引きずる(跛行)、腰を振って歩く(モンローウォーク)、座り方がおかしいなどの症状がみられます。

 

愛犬の腰痛、関節痛のためのプレミアムサプリメント

犬の足腰や関節のことを研究し続けて生まれた、人間以上にこだわり抜かれた究極の犬専用プレミアムサプリメント。愛犬が腰痛になる前から事前の予防をお考えの方は是非ワンランク上の最高級犬専用サプリメントを。

▼飼っているペット

 



(c)犬の関節炎、腰痛、関節症の疑いはすぐに獣医さんに相談を!

犬の関節炎(腰痛・関節症)について